誰もが身近な地域でその人らしく、安心して暮らせる[まちづくり]。

社会福祉法人 山形市社会福祉協議会

023-645-9230
023-645-9230
メールでのお問い合わせ

介護者サロン「いっぷぐ会」100回記念!

西山形地区社会福祉協議会(齋藤潤一会長)、西山形地区民生委員児童委員協議会(高野則夫会長)主催の西山形介護者サロン「いっぷぐ会」100回開催記念事業に参加しました!

平成22年11月、介護の不安や悩みを共有する場、介護者を孤立させない取り組みとしてスタートされたサロンですが、地区社協、地区民児協、福祉協力員、グループホームとかみ楽生苑、山形西部地域包括支援センターの連携の下、継続されていることに改めて感激しました。

とても温かい雰囲気の中、悪戸いもを使った山形名物「芋煮」をいただきました。

椹沢地区で「丸ごと相談会」開催!

椹沢コミュニティセンターで開催の『丸ごと相談会』にグループホームもも太郎さん黄金の施設長が来てくださいました!

椹沢コミュニティセンターでは、毎月月初めにお茶のみしながら、丸ごと相談会が開催されます。10月3日(木)は地区の施設、グループホームもも太郎さん黄金の施設長が専門職相談として来てくださいました。

今回は第一回目ということで、参加者の皆さんに血圧のお話もしていただきました。

「人間の血管はすべて繋ぐと距離はどのくらい?」など、楽しいクイズも交えてお話してくださり、参加の皆さんは和気あいあいとお話を聞かせていただきました。

施設長は、わからないことの質問や相談を受けつけますとお話でした。

地域の頼れる相談役としてこれからもいらしていただけるということで頼もしいですね。

生協本部で第十地区の事例を紹介しました!

令和元年10月2日(水)生協本部で生協の子育て食育委員会の皆さんからのご依頼を受け、第十地区で高齢者の低栄養に対する取り組みをした事例をお話させていただきました。

テーマは「食でつながる地域の活動」です。 第十地区社会福祉協議会の佐藤昭次郎会長からは、委員の皆さんに、地域の活動について「わからないけど、やってみることが肝心。やってみるということは、マイナスからプラスに変換していくこと。やったことに関しては、失敗してもいいんだ、というくらいの意気込みある姿勢で福祉に取り組んでほしい」とお話がありました。

委員さんからは、「今日伺ったお話を自分の地域に持ってかえって、地域の団体さんと一緒に何ができるのか、考えたいと思います」と感想をいただきました。

企業の皆さんも地域の力になっていただけるのは心強いですよね。

最高の天気で共同募金がスタートです!

いよいよ、赤い羽根共同募金がスタートしました!

山形市では山形市役所にてオープニングセレモニーを開催し保育園や幼稚園、ボランティア団体など約150名が参加されました。

セレモニー後には、七日町周辺にて街頭募金運動を実施し、多くの意方々からご協力をいただきました。

今年度は、山形市のゆるキャラである、はながたベニちゃんも参加され、大いに盛り上げてもらいました。

共同募金運動は「自分の町を良くする仕組み」として、様々な地域福祉活動に生かされます。多くの皆さんのご協力をお願い致します!

子育ておしゃべりサロン開催♪

9月24日(火)、市社協子育ておしゃべりサロンに

7組の親子が遊びに来てくれました。

元気いっぱい、広い畳の部屋でのびのび遊んでいましたよ♪

 

「ぼく、立てるようになったよ★すごいでしょ!」と

何度も立つ姿を見せてくれたK君。

先週1歳の誕生日を迎えたため、

今日でこの子サロは卒業。

みんなに愛されたK君。また元気な姿見せてくださいね♪

 

山形市内には、地域で行っているサロンがたくさんあります。

同年代のお友達と一緒に遊びましょう♪

優しい笑顔のスタッフもお待ちしております。

ぜひお近くの子育てサロンに遊びに行ってみてください(^-^)

© 山形市社会福祉協議会. ALL RIGHTS RESERVED

023-645-9230