誰もが身近な地域でその人らしく、安心して暮らせる[まちづくり]。

社会福祉法人 山形市社会福祉協議会

023-645-9230
023-645-9230
メールでのお問い合わせ

第26回 山形地区ふれ愛募金会贈呈式

「第26回山形地区ふれ愛募金贈呈式」が令和元年11月14日(水)大手門パルズで行われ、

・山形市・県肢体不自由児者父母の会

・山形県医療的ケア児者・重症児者の会

・山辺町手をつなぐ育成会

の3団体に計27万円が贈呈されました。

東北労働金庫の社会貢献目的定期預金「ふれ愛預金」の利息の一部、チャリティー事業の募金、東北労働

金庫からの拠出金使い、障がい児者団体等の活動・事業支援に役立てられているもので、平成6年から、

26年目(26回)になり、これまで延92団体・事業所等に贈呈されています。

 

継続して社会貢献の取り組みを行っておられる東北労働金庫様、関係者の皆様に感謝申し上げます。

 

明るいまちづくり研修会開催!

南沼原地区沼木7町内会主催「明るいまちづくり」研修会が行われ、沼木の各町内会より多くの方が参加されました。

これは、少子高齢化に伴う地域課題を町内会長さん方でまとめ、沼木の各町内会が一丸となって取り組んでいくことを目的とした研修会です。

第一回目の今回は、NPOまちづくり山形より相羽康郎理事長様を講師に迎え、全国の自治会単位の取り組み事例を紹介していただきました。

今後も地域が主体的に話し合いを続けながら、地域の課題解決に向けて取り組まれていきます。

協定締結!

本日、公益社団法人山形青年会議所様(手塚孝樹理事長)と

災害ボランティアセンターの運営等に関する協定を締結しました!

第十地区で十種の栄養ふりかけ作りが行われました!

11月6日(水)山形商業高等学校の家庭部の生徒さんと、生協の皆さんが、第十地区の高齢者のために、十種の栄養ふりかけつくりを実施くださいました。

第十地区では、昨年度地域福祉推進会議でも高齢者の栄養に関する課題について話し合いを重ねておりました。

「地域の高齢者の栄養改善のお手伝いをしたい」という温かい思いをいただき、今回40名以上の参加いただき開催にいたりました。

「十種」は、「第十地区」の『10』に因み、沢山の栄養がふりかけを食べてもらうことでとれるように、という思いが込められています。

オキアミや、昆布、かつおぶし、ごま、小松菜、しらすなどなどカルシウムもたっぷりのレシピです。

児童遊園の樹木を剪定して頂きました!

一般社団法人日本造園建設業協会山形県支部さんより、

山形市善意銀行の労力預託へご協力をいただきました。

例年、市内の児童遊園の樹木剪定ボランティアとして

活動していただいており、今年は滝山地区の東大坊児童遊園の

樹木の剪定をお願いしました。

児童遊園内はヒマラヤスギを始めとし、たくさんの樹木がありました。

近年の木々の成長に伴い、地域の方からも、

日当たりが悪くなっており剪定してもらいたい

との要望があり、今回の剪定に至りました。

朝8時30分から山形市内の造園業者さんが集まってくださり、作業を開始。

高所作業車も登場しました。

徐々に上から葉を切り落としていきます。

当日は終日天候にも恵まれ、午後3時に作業終了。

丁寧に仕事をしていただき

すっきりきれいな児童遊園となりました。

立ち会ってくれた地元町内会の方からも

「すっきりして見違えるようだ。お願いして良かった」と

喜びの声が聞かれました。

ご協力いただきました日本造園建設業協会山形県支部の皆様、

本当にありがとうございました。

山形市善意銀行では、皆様の労力や物資を預かり、

山形市の福祉の向上に役立てています。

企業の皆様からの労力・物資の提供、お待ちしております。

ご連絡は山形市社協ボランティアセンターまで。

☎ 023-645-9233

2 / 40812345...102030...最後 »
© 山形市社会福祉協議会. ALL RIGHTS RESERVED

023-645-9230