誰もが身近な地域でその人らしく、安心して暮らせる[まちづくり]。

社会福祉法人 山形市社会福祉協議会

023-645-9230
023-645-9230
メールでのお問い合わせ

地域貢献事業

フードドライブで地域貢献!

12月17日(月) 10:00~14:00まで

コープしろにしセンター特設会場にて、

フードドライブが開催されました。

フードドライブとは、支援を必要とする福祉分野等の

施設や団体に食品などを寄贈する活動です。

今回は、組合員の方が店舗で購入してくださった食品を

寄付していただきました。

  

カップ麺やレトルト食品、切り餅やインスタントみそ汁など

たくさんの寄付を頂きました。

ありがとうございます。

食品と共に、山形の皆様の温かい気持ちを

生活に困っている家庭へ、お届けしたいと思います。

 

毎月、山形市内の障がい者の施設、学童保育に「お菓子」の寄付

善意銀行に寄せられる物資預託

毎月、1円劇場様からは、障がい者の施設へ、㈱ニラク様からは学童保育へお菓子をこんなに沢山いただき、大変喜ばれております。感謝申し上げます。

1492563456738 1492563416398

DSC_1395

DSC_1395

生活支援コーディネーター報告会を開催しました

山形市社会福祉協議会に昨年4月から生活支援コーディネーターが地域包括支援センターの圏域ごとに13名が配置になりました。

今回は、地域で活動する生活支援コーディネーターの実際の活動を具体的に市役所や包括支援センターなどの関係機関へ報告と広報をかねて開催をさせていただきました。

報告の中にこんな話がありましたので、ご紹介させていただきます。

地域の中に以前は店が3件あったのだが、高齢や大型店舗の開設で店をたたんでしまい、いまは、1軒もなくなっている。足腰も弱く買い物に連れて行ってくれる家族もそう頻繁には来ないので、買い物ができないという課題が住民の方々から上がっていました。

その課題を地区の役員と生活支援コーディネーターが地域の福祉施設に相談し、デイサービスの送迎用の車の空き時間を利用して、スーパーに買い物に連れて行ってもらえないだろうかと話をもちかけたところ、施設長さんから快諾いただき、地域と施設と民生委員や福祉協力員などと打合せを行い、今年度から福祉施設の送迎バスを利用した買い物支援がはじまっています。

現在は地域の方々からの添乗員としての協力もいただき、月1回行っています。

また、今年に入って、利用されている方や役員の方々から施設の方々に大変良くしてもらっていて、なにか、お礼できないかという話になり、施設側では、「タオルなどがあれば助かる」という話から、住民お方に声をかけていただき、家にしまっていて、使わないようなタオルの提供をもとめたことろ、なんと、軽トラック1台分のタオルが集まりました。

住民と施設の双方向の貢献活動、循環、こんなことがもっともっと地域の中で広がっていけばいいですね!。

今後とも、ご協力をよろしくお願いいたします。

IMG_4895

© 山形市社会福祉協議会. ALL RIGHTS RESERVED

023-645-9230