誰もが身近な地域でその人らしく、安心して暮らせる[まちづくり]。

社会福祉法人 山形市社会福祉協議会

023-645-9230
023-645-9230
メールでのお問い合わせ

60名参加!SC活動報告会

令和元年度 生活支援コーディネーター活動報告会を開催しました。
生活支援コーディネーターの機能や役割に対する理解を深めてもらい、よりよい地域づくりのために各関係機関との連携強化を進めることを目的として開催しました。

参加された方々より多くの貴重なご意見もいただくことができ、今後の活動に活かしていきたいと思います!

企業による地域貢献!

株式会社クリーンシステム様(鈴木 隆社長)、株式会社クリーンシステム協力会様(佐藤 啓会長)より、特別養護老人ホームみこころの園様(野口 瑞穂施設長)へ車椅子の寄贈がありました!
株式会社クリーンシステム様では、2009年よりCSR活動の一環としてエコキャップ・プルタブ回収運動を継続されており、今後も継続して地域貢献をしていきたいとのお話をいただきました!

gyouniyoru

山形市立商業高等学校生徒会さんからご寄附をいただきました。

山形市立商業高等学校生徒会さんから山商祭の売上の一部をご寄附いただきました。

毎年ご寄附をいただき、本当にありがとうございます。

楯山地区買い物支援事業がスタート!

楯山地区買い物支援事業がスタートしました!

楯山地区は高齢化が進み、買い物に不便さを感じる住民が多くなってきています。楯山地区振興会では、COOP生活共同組合共立社に移動販売を依頼し、コミュニティセンターの敷地に誘致し事業が始まりました。

開催に至るまでには、楯山地区振興会・COOP生活共同組合共立社・楯山コミュニティセンター・地域包括支援センター大森・第二層生活支援コーディネーター(山形市社会福祉協議会)・山形市役所・地元市議等多くの関係者で打合せを重ねてきました。

2トンの大型車両を活用した移動販売の取り組みは、市内で初めてであり、また、コミュニティセンターの敷地を活用することは県内で初の試みです。

当日は、多くの地域住民の参加と関係機関からの協力があり、利用者数は24名となりました。利用した住民からは「こんなに品数があるなんてお店みたい。自分で選ぶのが楽しかった」「お店が少ないのでこのような取り組みはありがたい」との声が聞かれました。

 

今回の事業がきっかけとなり、高齢化が進む山形市にとって新たな買い物・移動支援の取り組みの輪が広がっていけばと期待します。

令和元年度地区社協役員視察研修

令和元年度の地区社協役員視察研修は秋田県湯沢市にお邪魔しています!
今日と明日開催の第2回地域共生社会推進全国サミットに参加予定です。

素晴らしい天気の下、明日は社会福祉法人 雄勝なごみ会様の取り組みを学ぶ予定です!

1 / 912345...最後 »
© 山形市社会福祉協議会. ALL RIGHTS RESERVED

023-645-9230