誰もが身近な地域でその人らしく、安心して暮らせる[まちづくり]。

社会福祉法人 山形市社会福祉協議会

023-645-9230
023-645-9230
メールでのお問い合わせ

目に見えない障がいと共に生きる

1月27日(月) 障がいがあってもなくても、

住み慣れた地域で自分らしい生活を送るため、

お互いに理解し、協力し合うには

どのような支援や活動をすすめたらよいかを

考えることを目的に、協働を考える集いが開催されました。

 

今年度は、山形県内の手をつなぐ育成会関係者を

中心に障がい当事者の保護者や事業所職員などで

結成された『花笠ほーぷ隊』の方々を講師に招き、

目に見えない障がい(知的障がいや発達障がい)のため、

生きづらさを抱えている方への理解を深め、誰もが住んで

良かったと思える山形になることをめざし開催されました。

 

地域の役員の皆様やサービス提供事業所の方、

一般の方も含め約140名の方にご参加頂きました。

 

講演の中では、「目の見えない人には白い杖、

耳の不自由な人には字幕などが支援ツールとしてあるが、

知的障がいや発達障がいのある人には、理解のある人が必要。

少数の専門家よりも、多くの理解者がいれば住みよい地域になる。」

と教えていただきました。

また、「温かい気持ちでの無視!」も必要。

無理に声をかけたり、助けたりするのではなく、

「こういう人もいるなぁ。」と温かい気持ちで

通り過ぎてくれるだけでいい。との話もありました。

また、軍手を2枚重ねにして手先の感覚の鈍さを実感したり、

聴覚が過敏に反応してしまう感覚や

視覚が過敏に反応してしまう見え方、

日常の中での戸惑いや混乱などを疑似体験し、

配慮の大切さを実感させて頂きました。

© 山形市社会福祉協議会. ALL RIGHTS RESERVED

023-645-9230